FC2ブログ

RAY BASE 〜 今を楽しむ身体へ〜

レイ ベース へ ようこそ!!

カテゴリー "ヨガ" の記事

「整える」って一定にするって事じゃない。

今日は、ヨガっぽい話を。

最近、気づいたことがあるので書いてみます。


ヨガのアーサナ(ポーズ)は、

本来、チャクラに働きかける。

※チャクラって何?っていうと、、、
 肉体でいうところのホルモン内分泌腺があるところ。



ヨガでチャクラを整えましょう!

とか言われたりするけれど、、、


その「整える」の意味というか、

イメージがね、違ってたんだなーって事に気づいた。


整えるっていうと、

何かを一定にするイメージがあって、

ツーーーーと、波のない感じというか。



だから、体調を崩したり、気分が優れなかったりすると、

なんだか乱れてて、

整ってないってイメージないだろうか?



それをヨガで整えなきゃ!みたいな。



だけども、、、

その意識、そのものが逆に抵抗になってて、

波動を乱してる事になってるんじゃなかろうか?と。



そもそも、

月の影響を受けて海の満ち引きが起きるが如く、

身体も自然の物なので、色んな影響を受けていて。


だから、一定なわけがない。


身体の調子も、気分も、その時々で変化する。


で、、、

ヨガでチャクラを整えると、

その自然のリズムと、身体のリズムが合ってくる感じ。


ツーーっと一定になるんじゃなくて、

波があるのが当たり前なんだって分かってくる。



だから、その波(リズム)を感じる。

抵抗するんじゃなくて、感じる。

それの方が、波動が乱れない。



波と同じようにアップダウンしてたら、、、

アップもダウンも、大差ない。


その時々の、点。

その時に居るってだけ。



アップしてる時をキープしようとするから、

ダウンが起こり始めた事を受け入れられずに苦しくなるし、

ダウンの時に無理矢理這い上がろうとするのも、

疲れて苦しくなる。


そしたら、アップもダウンも、どっちも苦しい。

逆に進もうとするから苦しい。



自然界にはリズムがあって、

身体も自然界のものである以上、

その波(リズム)がある。




だから、

良い時ばかり(一定)になるわけじゃないし、

悪い時ばかり(一定)なわけでもない。



整えるっていうのは、

自然のリズムに揃うだけ。

波は波。アップダウン。


自然をコントロール出来ないように、

意思で波のコントロールはできない。


それは、

雨の日が嫌だからって無理やり晴れにしようとするようなもの。

夏の暑いのが嫌だからって無理やり冬にしようとするようなもの。



そうではなくて、、、

整えるっていうのは、

自然のリズムに委ねるって感覚に近いのかも。



そうすると、

雨は雨で良かったな〜

夏は夏であれが出来るな〜

晴れもやっぱりいいな〜

冬は冬でいいな〜


みたいな感じになって、

結局、全部いいんじゃん!


って事になる。笑




ただ、

整える=一定にする

みたいな認識だと、

全然違う事になっちゃうな。



と思って、

以前はそう思ってた気がするな〜と思ったので、

今日の記事を書いてみました!


それでは、また。

原点回帰。パート2

この約2ヶ月間。

とても不安定な状態で過ごしていました。


一般的には、甘いと言われるだろうし、

何も考えていないと言われるような今の状態。


そんな事は、分かってる。


だから、不安定の元を無くそうと、

色々と動いてはみるけれど、

どれもこれも、ことごとく上手く行かない。


それは、不安が元で動いていて、

不安を消そうという動きだからだなーとは思ってて。


だから、一旦動くのをやめよう。

動きたくなるのを、

動いて不安を感じないようにしようと行動したくなるのを、

必死に抑えている自分が居た。



私は何がしたいんだろう?

そこをまずは、明確にしようって思って。


自分に問い合わせると「何もしたくない」って出てくる始末。

(これは、引きこもりの心境と同じと思う)



もっと沢山の人にヨガのクラスを受けて欲しい!

ロジックも、やっぱり発信したい!


この欲求はすごくあるのに、

何かが引っかかって、行動に移せない。


自分の中のこの不一致は、

私自身が一番気持ち悪いんだけど、

私の信頼している周りの人からも、

いよいよ、それを見せられ出した。

(これは、本当にありがたい。)


ある時、臨界点を迎えたように、

涙が止まらない日があった。


何かの刺激ですぐに泣ける。


これは、ダメだと泣くのを止めるのは諦めて、

その日はずぅーーと泣いていた。


何で泣けるんだろう?

これかな?あれかな?


理由を色々探してみるけれど、

どれもいまいちピンと来ない。


何で泣いてるのか分からない涙。


とりあえず、歩いてエネルギー回してみるか、

と散歩に出かけた。


fc2blog_20190606125347fa2.jpg



もう家に着きそうだなってなった時、

ヨガのインストラクターを目指したいと両親に言った時に、

否定されて、傷ついたまま、うずくまってる自分が見えた。


気づいた瞬間、ブワッて泣けて、、、


” 私、まだそこに居るの?”


って、過去の自分に言ってる自分。


今までだって、何度も認めてきたし、

もう解消できてる出来事だと思っていたのに。


「あの子をいい加減癒したい!!」


そう思って、すぐに両親と話す時間を設けた。


なぜなら、これは両親の中にも内在してるものだと思ったから。

共有しないと、と思った。だって、まだ二人は生きている。



だからと言って、両親に分かって欲しいという気持ちは全くない。

ただ、気づいたら、そういう行動が起きたという感じ。



あぁー、私の今までの原動力はそれだったのか。


何かに反発するように、

何かに分かってもらいたくて、

間違ってなかったって言いたくて。


でも、そこに争うように何かをするのはもう限界。

もうやり尽くした。

今まではその原動力が必要だったし、

そのお陰で学んでこれた。

でも、もうその原動力は必要ない。


ようやく。

ちゃんと過去の自分にお礼を言えた。

今のわたしが居るのは、

心細くて不安で何の確証もない所に、

独りで飛び込んでくれたからだよ、ありがとうって。

そして、

そうまでして知りたかった事、

見つけたかったことを見つけたね、おめでとうって。



原点回帰。パート2


令和になった途端、過去にどんどん遡ってる感じがあります。

一周回って、

スタートにまた戻ってきたような。


(なんか、そういう方も多いんじゃないかな?)



ようやく、Primal Ray以外の人にも

ロジックを話せる!話したい!!

って気分になってきました。


やばい、ワクワクしてきたよぉ〜




🌟Ray Base 公式LINE🌟

ブログ更新のお知らせ専用LINEです。

登録しておけば、ブログを毎回チェックする手間が省けますよ♪

登録ボタンはこちら↓↓
友だち追加



夢が叶って、原点回帰。

2019年5月6日((月) 振り替え休日だったこの日。

初の「Beach Yoga」を無事に開催することが出来ました!



fc2blog_20190507225940c6b.jpg





この感情は、なんと表現したらいいんだろう。。。


嬉しい、

幸せ、

ワクワク、

ジーーーン。



fc2blog_201905072259139e2.jpg



4月の半ばに思い立ち、

当日の様子をイメージして、

「こんな感じだといいかな〜?」

と思いつく事は、全部した。


ただひたすらに、

自分の想いを叶えるために。


世間はGWの連休の中、

現地へ下見へ行ったり、

必要な物を書き出して、友達に協力募って、

当日のタイムスケジュール立てたり、

参加者の方へ必要な情報を伝えたり、

当日のヨガのポーズを考えたり。


その準備の全部が、

旅行を計画をしているかのごとく、

楽しくて、楽しくて。


その想いのまま、当日を迎えた。

(前日は、ワクワク、ソワソワしちゃって遠足前の子どもみたいに寝付けなかった。笑)


お天気は、気持ちの良い五月晴れ!


そして、当初の自分の中の予想の倍以上の人数の人が、

参加してくださいました。


リード中は、ゾーンに入っちゃうんだけれど、

それでも。


上に手を伸ばした時に空が見えるーーー!

前方に視線をやると海が見えるーーー!


と、いつもと違う景色に、心が反応する。



それは、おそらく、参加された方も同じだったようで。


いつものクラスの方も、

今回初めても方も、

とっても気持ちが良かったみたい!


それは、終わった後の皆さんの表情からも伝わってきた。


それで、ますます嬉しくって。

最初に表現した気持ちになっています。


fc2blog_20190507230014858.jpg



なんで、今回の事を、こんなに感慨深く感じてるかというと、、、

最初に「ヨガを伝える人になる!」と、

謎に閃いたのも同じようにGWの天気の良い日で。


その時にテレビでやってたヨガインストラクターの方は、

ビーチヨガをやってるということで紹介されてた方でした。


そのテレビを観ながら居間で一緒にポーズを撮ってみたところ、

英雄のポーズの時に「これだ!」って謎に閃いた。笑

それで、

「地元でヨガを習える所はないかな?」

と思って、すぐにネットで検索。


そしたら、蒲郡市で5月30日にヨガのワークショップをやりますって告知を見つける。

しかも「海が見える会場で」って書いてあって、

その文言に惹かれて申し込んでみたら、

Seishinさんのワークショップだったというわけです。


そこで最初に、

「なんでヨガをしようと思ったか?」

みたいな質問をされて一人一人答えて言った中で、

私は、

「先日、ビーチヨガというのをテレビでやっていて、

そのインストラクターの真似して動いてみて興味を持った」

みたいな事を話したら、


「ビーチヨガもいいですけどね、、、

ヨガが美容や痩身や健康の目的の為だけだったら、

現在まで5000年間も続くかな?」


と、ビーチヨガのキャッチーな響きは一瞬でバッサリ切られ。笑


ヨガの本来の目的とは?

なんで5000年も続いてるのか?


みたいな座学も含めてのワークショップが始まったのを覚えています。


それは、意識の話や世の中の仕組み的な話にも通じていて、

今まで聞いたことのない話だったけれど、

妙に惹かれて、興味が湧いて、

そこから今に至っています。



そんなわけで、

まさか自分がビーチでヨガをリードする日が来るなんて!!




そんなここ数年の事まで思い返して、

感慨深さがあります。



ビーチヨガなんて、

今までだって、いくらでも企画できそうなものだったけれど。


今回のこの空気感と満足感は、

いろんな事を一周した今だからこそ出来た事なんだろうなぁ〜

とも思うと共に、

原点回帰だなーと思う。



今回、とても幸せな循環を体感できた事が、

最高のご褒美となって、

これを原点として、

またスタートしたいと思います。



令和元年 5月7日 ゆかり



🌟Ray Base 公式LINE🌟

ブログ更新のお知らせ専用LINEです。

登録しておけば、ブログを毎回チェックする手間が省けますよ♪

登録ボタンはこちら↓↓
友だち追加





ハタヨガクラスに対する、私なりのスタンス

今日は、ちょっと趣向を変えて、、、

私がハタヨガのクラスを提供している、

スタンスを書きます。

※今日の記事は、長いです。



これは私が現在ヨガクラスとして提供している、

「ビジャワーク」もしくは「アシュタンガヨガ」を、

どう理解して提供しているか、という部分。



あくまで、私なりの理解とスタンスなので、

これが「正しい」とかではないです。



でも、「ビジャワーク」も「アシュタンガヨガ」も、

基本、毎回、同じポーズで同じ流れ。

(ビジャワークは、ポーズを1、2個減らしたり追加したりはありますが)


特に「ビジャワーク」の方は、

そんなに複雑なポーズや難しい動きはないので、

自分なりの理解とスタンスが無ければ、

自分も飽きるし、参加している方も飽きさせる。

飽きたら、どちらも長くは続きません。



なのに、何で、クラスの内容を変えずに、

9年も続けられてきたのか。



それは、「何でクラスの内容を変えないんですか?」って聞かれても、

明確に答えられるスタンスがあるからです。



最初は、そのスタンスも聞きかじりのもので、

「ビジャワーク」はこういう意味で作ったものだよ、

と養成コースの際にSeishinさんに教えられた事でした。


その時も、そのコンセプトは頭では「なるほど」と理解できたけれど、

実感はなかったわけです。



その時点ではまだ提供していない訳だから、

実感なくて当たり前なんですけどね。



で、9年やってきて、

最近、改めて、そのスタンスの意味を再確認していますし、

私がハタヨガのクラスを提供している間は、

このスタンスは変わらないんだろうな、と思ったので、

今日は、その部分を一度まとめておこうと思いました。



最近あった2つのエピソードから、

自分のスタンスを再確認したので、

そのエピソードを紹介しながらまとめてみます。



RS-0197のコピー




まず、一つ目のエピソード。


先日、ヨガクラスに新しい方(60歳代)がみえて、

終わった後に、

「明日、筋肉痛になるかもしれないです...」

と言われました。


そこで、ちょうど同じ年代で、

週1回、1年くらい通ってくださっている方(Aさん)もみえて、

その方も、通い始めは「次の日、身体痛い」と言われてたけれど、

最近言われないなーと思ったので、聞いてみました。


私「Aさんも最初痛いって言われたけれど、続けてたら、痛く無くなりません?」


Aさん「そうですね、、最近は、痛いとは思わないです。」と。


私「そうですよね。最初は慣れないので、筋肉痛になったりしますけど、

基本、毎回同じ動きなんで、慣れたら痛くは無くなりますよ。」


Aさん「でも、週に1回やると、普段伸ばさないところが伸びる感じがするけれど、

次の週には、また、元に戻ってしまう感じもして....

本当は、その間も家でもやったらいいんでしょうけれど、家ではなかなかねぇ〜」


私「いやいや、元に戻るって言っても、一年前より確実に変わってますから!
(↑これは、私が見てても変化しているので言ったんですけれど)

それに、家ではなかなか出来ないですよ!私だって、家でしっかりなんてやれてませんから!」



という会話をしました。



ここに私の2つのスタンスがあります。


一つ目は、

「私も、家ではやれない人」である、という事。



”朝、早く起きて、ヨガをするのが日課です♪”

ヨガインストラクターって、そういうイメージあるかもしれないけれど、、、

残念ながら、私はそんなに意志も強くなく、意識も高くない。笑


ヨガ続けていたら、そういう風になれるのかと思ったけれど、

全然ならない。笑



なので、私も今でも週1、2回は通っています。


そして、リードのある中で動く方が、私の場合は自分の身体に集中しやすく、

最後まで集中を途切らせないことがしやすい。


だから、ヨガを続ける努力を自分でしない、っていう感覚でいます。

家でやるのは、身体が凝ってると感じた時にストレッチするくらいかな。




長くなりましたが、、、

私がもし家で出来る人だったら、

「家で自分でやれよ!」って思っちゃうから、

そもそも、こんな毎週クラス出来ないと思う。

自分も、通う事で実感するメリットがあるので、

その場を提供し続けています。


逆に「家では出来ない」「続けられない」なんて言ってないで、

とっとと通える工夫をした方が続くし、

続いた分だけ身体は変化するのにな〜と思います。

(変化させたければ、だけど。)




二つ目は、

「同じ動きだから、筋肉痛になりにくい」


筋肉をつける際には、筋肉痛は起きるものなので、

筋肉痛が悪い訳ではありません。


ただ、筋肉をつける為にクラスを提供している訳ではないので、

そこは、最初の2、3ヶ月続けてもらえれば、解消したいところです。


同じ流れ、同じ動き。

その全身運動の中に必要な筋肉は、2、3ヶ月続ければ自然とついてきます。



毎回、違う流れ、違うポーズで行うと、

毎回、筋トレみたいになってしまったり、

筋肉痛の痛みにフォーカスしてしまったりして、

クラスの中で一番提供したいコンセプトが伝わりずらくなるし、

それが苦しい事になってしまったら、そもそも続けられません。


続けなければ、身体は変化しないし、

一番提供したい部分は、この「続ける」事と大きく関わってきます。



では、一番提供したいコンセプトとは何か。



それは、もう一つのエピソードが関係してきます。



先日、現役選手の引退を表明したイチロー選手。


彼が話しているYouTubeをいくつか見ている中で、

「それって、ヨガクラスと同じ感覚だな」

と思った事がありました。


それは、彼が行なっている初動負荷トレーニングについて。


初動負荷トレーニングは、

身体のセンサーを研ぎ澄ますもので、

トレーニングでもないし、苦行でもないし、

気持ちいいからやっている。


とのことでした。



「ビジャワーク」や「アシュタンガヨガ」は、

毎回、同じ流れ、同じ動きだからこそ、

それが基準となって、コンディションが知れる。

それは、身体のセンサーを研ぎ澄ましている感覚でもあります。


今日は、呼吸がしやすいな。

今日は、右の腰周りに違和感感じるな。

今日は、先週より気持ちよく動けたな。


などなど、

頭で考えるというよりも、

身体がそれを感じていきます。



身体は、本当によく出来たもので、

もし違和感があれば、

その違和感を補うにはどうしたらいいか、

と工夫する。



なので、行なっていることは、

毎回、同じ流れ、同じ動きではあっても、

感じている事は毎回違います。


本当に、面白いところは、そこ。



いろんなヨガのスタイルがありますし、

先生によってスタンスやコンセプトは、当然違う。


でも、私が感じている面白さが、そこである以上、

私のスタンスは変わらないだろうな、と思います。



h0431.jpg





🌟Ray Base 公式LINE🌟

ブログ更新のお知らせ専用LINEです。

登録しておけば、ブログを毎回チェックする手間が省けますよ♪

登録ボタンはこちら↓↓
友だち追加


譲渡

前回あげた、記事。

「Bija Work」の養成講座ですが、

11月1日に、突然閃きました。


たまたま、「譲渡」って言う言葉を見た時に、閃いた。


このスキルを譲渡しようって。


なので、誰かに教えて欲しいとか、養成してないのかとか、

問い合わせがあったわけではありません。


でもね、閃いちゃったので、、、

やりまーす!って旗を立てることにしました。


私が、譲渡したがってる。

このスキルを伝えたがってる。

そして、もっと「Bija Work」が、
色んなところでやられたらいいなーと思ってる。

もちろん、私が担当するクラスが目に見えて、人が増えてきたり、
受けてる方から満足してる声を直接聞いているのも、あります。

あぁ、やっぱり、このクラス、いいんだなって、人ごとのように思います。

私が褒められてるって言うよりも、Bija Workが優れてる。


だから、受けてくれる人がいなかったらどうしよう、、、とか、

全く、ない。(きっと、ここを気にして、足踏みする人も多いと思うけど)


受けてくれる人がいなくても、旗は立てる。

じゃないと、受けたい人の目にとまらない。


そして何より、自分のしたいを叶えるように、

行動しているだけだから、、、


旗を立てたことで、すでに一歩前進なのだ!