FC2ブログ

RAY BASE 〜 今を楽しむ身体へ〜

レイ ベース へ ようこそ!!

2012年04月の記事

再びFMTお勉強中。。。

ただいま「FMT(ファンダメンタルトレーニング)」の指導をする側としてのスキルを身につけるべく、養成メンバーでお勉強中です。

※「FMT」とは…
アシュタンガヨーガ・ファンダメンタルアサナを集中的にトレーニングします。
プライマリーシリーズを構成する、最も基本となる13個のアサナを集中してトレーニングするコースです。この13個のアサナは全ての基本となります。その意味で、大変重要でもあり、これを理解する事でその後のハタヨーガの理解が劇的に変わります。その意味で、必修コースの一つです。


と、ホームページには書いてるコースです。


今までは、自分の為に学ぶという意識だったけど、それを伝えるために学ぶというのは正直奥行きが全然違う。

私にとっては、ヨガをやり始めた最初っから、目指すは「伝えること」だったわけだけど、
まずは自分が出来なければ話にならないしってゆうところから始まって、学んでいくプロセスで、
自分の過去の経験やら体験が書き代わり、ヨガは美容や健康にいいけど、それだけじゃないってことも実感し、集中コースの話も散々聞いて、皆の身体をかりてアジャストしつつ感じてきて。

で、その全部の知識・体験・経験があって、よーーやく今、人に伝える側としてのスキルを学べているのだなー、と静かに感動してたりしてます。

「あー、アドムーカって、そういうことになってたのね!」とか、
「ドリスティが決まってるのは、それがさせたかったのね!」とか、
「やっぱり、アシュタンガってよく出来てるねーー!!」って感じです。

自分が吸収するのにいっぱいいっぱいだった時には、気づくことも出来なかったであろうあれこれを、もう一回洗い出して、納得し直している感じ。今さらFMTなんて…とはいえ、今だから受け取れる情報が盛りだくさん!!
人に伝えるためという大義名分を利用して、やっぱり突き詰めればぜーんぶ自分のためになってたりしてます。

さらに、納得出来ちゃうと、自然と人に伝えてみたくなってくるのが人情で(笑)
4年生の部活に入りたての時にはキャッチボールさえまともに出来なかった野球少年が、6年生になったら4年生にキャッチボールの仕方を自分なりにアドバイスしちゃってたりするのと同じ感覚?
伝えなきゃ!ってゆうよりは、自然発生的に伝えてみたくなっちゃってる。
全く無理のない流れです。よくできてます。


もちろん伝える目的がなくても、アシュタンガを自分のワークにしてる人にとっては、基本のファンダメンタルをもう一度確認し直してみるのも面白いと思うので、良かったら次の機会には、ぜひどうぞー!!