FC2ブログ

RAY BASE 〜 今を楽しむ身体へ〜

レイ ベース へ ようこそ!!

2014年04月の記事

仕事の捉え方

先日、「学校の仕事はまだ続けるの?」と何気なく聞かれた一言に、ここ数年の自分の変化を感じました。

学校の仕事は、私の中で毎年向き合う事の一つ。
というか、辞めたい事の一つなのに、辞められない事の一つ、という微妙な位置づけにありました。
それに関する愚痴や不満、双対など、集中コースなどで散々話してきているので「まだ続けるの?」と聞かれて当然だと思います。

決して、やりたくてやっているとは言えない仕事。
何度となく辞めたかったし、もう嫌だー!なんでなんだ!と意味もなく泣けることもありました。

ただ、、、
「目の前の事象は、全て必要で起きていること。」
そこには、私の個人的な感情(自我)など考慮されない。

という事だけは、理解してたので、辞めることが根本的な解決になるわけじゃないことも知っていたし、必要無ければ事象の方が変わるか、どうにも出来ない状況になるはず。その方が自然な流れだよなーと思って、続けていました。

その中で、自分のその時の身体と意識の段階によって様々な事象と向き合ったと思います。
他者のためと思って引き受けた仕事は、終わってみれば自分の奥深くにあった自己否定を肯定させてくれる事象だったり。
大きな組織の中でも、自分の主張はする!自分のコンフォートゾーンは自分で守る!という意識で関わって秘かに戦ってみたり。
なんでこの仕事を私が?と思うことも、やってみれば、自分の苦手を和らげるのに必要だと分かったり。

最終的には、どんな理由で、何をしようとも、全部「自分のため」になってるのだと気づきました。
宇宙は、自我を超えた自分のために、必要なことを与えてくるので、自我で判断している段階では、それは受け取れないし、取り組めないことだろうとも思います。


そんな数年を経て、今年もまた学校のお仕事をしています。
最初にお話が来た時、自分の中で2つの条件を提示しました。
それを受け入れてもらえて、それでも話があれば、今年の私にも必要な事だというわけです。

今年は、「やりたい」とか「辞めたい」とか、そういう感情を超えた気がします。
何かと戦う自分もいないので、頼まれる事も出来るだけ引き受けるし、だからといって自分の負担を増やすようなこともなく、無理とか無駄がほとんどない感じ。

なるほど、こうなって、ようやく違う事象が起きてくるのかも〜という気がします。
そこに抗っていたエネルギーを違うことに回せそうです。
頭で分かっていても、腑に落ちるのは、時間がかかるもんなんですね〜。
私、よく頑張りましたー!!