FC2ブログ

RAY BASE 〜 今を楽しむ身体へ〜

レイ ベース へ ようこそ!!

2014年05月の記事

試し続けること。

時間がないわけではないのですが、なかなかブログを書けずにいました。
こんな文章でも、書き上げるのには、それなりに時間がかかります。
「伝えたい」ことを、どうしたら伝えられるか、、、と、それなりに考えます。
これも、閾値を超えるまでは、仕方ない。。。ま、慣れですね〜。

今日は、集中コースで取った自分のメモより。
「『概念が変わった』とは、自分では気づいてなくて、振り返れば変わっている、というようなもの。」
ということ。

確かに、明らかに、前と違う思考回路で物事を見ているのは、自分では良く分かります。
それによって、起きてくる現実、見えてくる事象も違っているのも、分かっている。
前よりは、明らかに生きやすくなっています。
だから、何かしら、概念化されているんだと思います。
でも、どうしてそうなったのか、いつからそうなったのか、ということについては、良く分からないというのが、正直なところです。
さらに、まだ変わっている過程なのだとも思います。

ただ、自分の経てきた感覚を思い出すと「反転したい!」とか、「悟りたい!」とか、「ロジックを身につけたい!」とかいうのを、具体的な目的にしたことって、ないんですよね。
その時々の日常で、必要なことを応用していくうちに、気づけば勝手に身についていた。
そんな感じです。
その日常の潜在的なところ(根本的なところ)には、きっと「反転」や「悟り」を求めるニーズがあったんだろうとは思いますけど、その時に見えている現実は、もっと具体的な事象でした。

どんな知識も情報も「日常で使ってみる」ということなしに、出来るようにはなりません。
これ、当たり前の事ですけど、ことスピリチュアルな事に関しては、情報過多で経験しない、というパターンも結構多いように感じます。
経験は、具体的な体験を伴う事象なので、応用している最中は言葉に置き換えることが出来るはず。
情報を思考しちゃっていると、具体的な事象(経験)が抜け落ちます。それでは、本末転倒です。

プライマル・レイのロジックを、皆さんはどう聞いていますか?
日常で、試してますか??試そうとしてますか??
知識や情報は、周りから得られても、行動して経験するのは自分です。
知ってるだけでは、意味がない。
「出来る」ようになるために、日々、試して行きましょう〜。