FC2ブログ

RAY BASE 〜 今を楽しむ身体へ〜

レイ ベース へ ようこそ!!

2016年09月の記事

父親が大好きだから、父親を捨てました。

今日のタイトルは、ちょっと過激(笑)

先日、父親から、またまた手紙テロがあって。。。

自分(父親)の想いが、とにかく、わーーーって書いてあるの。

私に関することなんだけど、
実は私に関することじゃない内容でね。

だって、私、父親に別に何も相談してないし、
何も困っていないのね。

なのに、勝手に手紙を送ってくるの。

しかも、すんごい、私に失礼な内容(笑)

本人は「娘を心配する親」っていう大義名分なんだけど、
完全に本人の自己否定の投影なのね。

最初のうちは、
”私は何を見せられてるんだ?”
って、自分の中を観るワークに変えていて、
その度に、確かに奥の方にある、
知らない内に当たり前に採用しちゃってた概念や価値観に、
私の中で気づくってことはあったんだけど。

そして、その内側のワークと共に、
父親とも散々、直接、本音で話をしてきたんだけど。

だけど、相変わらず手紙の内容は、何も変わらない。

そんで、今回、私の中で、ついにキレたの。
とっても、静かに。。。


で、この前に、実家に帰ったときに、
私がのんびりしてたらね、
ランチに行こうって誘われたの。

(こういう内容の事を書くと、
仲悪いように思われたり、
いがみ合ってるように思われるかもしれないけど、
表面的には、全く普通の親子です。)

で、今までは、別に用事がなければ行ってた。
それも、私のワークかな、とか思ってたし、
とにかく誠実に向かい合うのが私の性で。


だけどね、今回は用事がなくても、
ランチの誘いを断るって行動をした。
ただ、「行かない」って言っただけ。


たった、それだけ。


それだけなんだけどね、
私の中で、一瞬、すんごい罪悪感が湧いてきて。

自分が、すごい酷い人間のように感じたの。

だけど、同時に、何かこれ、すごい事かも、、、
と思って、よくやった!感じもした。


何でそんなに誠実なの?

と友達に不思議がられるほど、
理解される事を求めてきたけれど。

理解されなくても、
もういいっていう肚からの決断。

罪悪感が湧くってことは、
その行動を自分に許せた成果でもある。

だから、自分で自分に正直に動けた証。

父親を捨てる=娘という役割を捨てる
ってこと。

自分本位で生きた方が、
本当は、すごくスムーズなのだ。


Primal Rayのロジックも、
ノンデュアリティーも、
頭での理解は、もう出来てる。

だけど、私がしてるのは、
こんな身内との小さな出来事(笑)

でも、お陰様で、そこに対する深刻さが希薄になっているので、
こうやって、ブログに書けています。

一つのコンセプトと、
モデルケースの紹介みたいなものです♪



上の内容と、全く関係ないけれど、、、
英語の方は相変わらずで。



↑知り合いが、名古屋ミッドランドでのコンサートをするというので、
学校帰りに観にいったり、、、



↑↓お昼は、名駅周辺のお店で、美味しいところを紹介してもらって、
皆で食べに行ったり、、、



そんな息抜きをしつつ、
どんどん難しくなるテキストと向かいあっておりますよーー!!

英語の学校も、もうそろそろ折り返し☆