FC2ブログ

RAY BASE 〜 今を楽しむ身体へ〜

レイ ベース へ ようこそ!!

原因も解決も、外には絶対にない!

少し、時間が経ってきて、、、

日常が落ち着いてきたので、

親子の構造シリーズを具体的な内容を書くのはもう難しい。



聞かれれば、話せるけれど、、、

文字に起こすのは、もうめんどくさい。←言っちゃった。笑



今回のことは、

親子の構造でもあるけれど、、、

それを利用して、

「自分で自分を認めきった!」

というところが、一番の大きな収穫で。



とてもとても、穏やかです。


今回のことで、

他人と自分との構造がごっちゃになってると、

「自分で自分を認めきる」って絶対にできないことだな、

っていうのはよく分かった。



一粒でも一瞬でも、

そこに「誰か」が入ると、

そこと向かい合うことが出来ない。


何かや、誰かのせいに出来るから。



だから、そこと向き合うその瞬間は、

孤独でしかない。


孤独でしか向き合えない。


何のせいにも、誰のせいにも出来ないところで、

自分の中に深く深く潜っていく。


そうすると、はっきりと「これだ!」って言うのが見つかる。




だから、原因も解決も、

外には絶対にないんだよね。


↑結局、ここに疑いがなくなるために、

ロジックを学んできたようなものだと思う。





ここまでのことを改めて振り返ってみると、、、


まずは、自分の前面しか見えないと言うのと、

(モノの裏側は見えないということ)


見ている「ここ」が「今」で、

常に「今」しかないと腑に落ちる↓


fc2blog_20190505000055545.jpg


そうすると、

「ここ」から「何を見ている」か、

自分が見ているもの事を自分に返すようになる。


返すようになるというか、

自分がそうやって見ていて、

それが見えてるだけなんだって自覚せざるを得なくなる。


前側しか見れないとは、そういうこと。






そして、次には、

そこに他者が関わってくる↓。





この図で前側に見ている(関わっている)部分は、

青色の斜線の部分しかないはずなのに。


自分に戻ってくる赤色の矢印→と、

他者が出している青色の矢印→は、

同じ向き。


だから、

自分が見ていることが返ってきてるだけなのに、

他者に見られていることが返ってきているように思う。


「あなたは、こうだよね。」

「普通は、こうだよね。」


そう言われたら、

そうなんだと無意識に受け取っていることで、


「そういうもんだ」

というキャップが出来上がる。


そうすると、

「そういうもんだ」を疑うことなく、

それを基準に周りを見だす。


それは、自分の本心ではなく、、、

誰かの一つの意見かもしれないのに。


だから、

自分が見ていることが見えているんだ、

と分かったら、、、


自分が何を見ているのか?

それって本当にそうなのか?

自分はどう思ってるのか?

本当はどう感じているのか?


一つ一つを自分に戻す。


戻すことで、

自分が何を信じてるのかが明らかになってくる。


そうすると、、、

こうしたい!と思ってたり、

こうだ!と思ってること、

その発想の元自体が、

誰かや何かをベースにしたもので、

自分の本来の欲求ではなかったりする事もいっぱいある。


だから、周りに文句を言いたくなったり、

どんなに頑張っても何か足りない感じがする。


それは、周りのせいではなくて、

自分の発想のベースがすでに他人ベースだってこと。


そこに気付ければいい。


だから、その作業は誰もやってくれないし、

自分で信じちゃったものは、自分で外すしかないから、

そこが一番大変なところかもしれない。



そうゆう思い込みを、

一つ一つ、気づいては、なーんだ!

ってなって、、、

次のに気づいては、なーんだ!

ってなって、、、


って、日常の中のあらゆる場面で無意識にやっているうちに、

どんどん核に近づいていく。


そうすると、

物理世界の中心と、

自分が自分と思っている中心と、

もう一つ、謎の欲求が湧き上がる中心と。笑


なんか、そういうのが分かってくる。



私が望んでるっていうよりは、

頭じゃなくて感覚が選んでて、

それも私といえば私だけど、

私なのか?それ。



みたいな。


それを魂っていわれると、

なるほどって納得できるような。


そういう感じ。


それを図で表現するとこうなって↓






本来、この図の全部が「私」なんだけど、

私が私と思ってる中心(意識)は、

結局、何でもないんだよね。



S1とS3があっての、私。


でも、S1もS3も、

私が居なければそもそもない。


ってそういうこと。



どの立ち位置から「私」を捉えるか。


それによって、

同じ話も取り組みも、

本当に真逆になってくる。




というわけで、

今日は、ここまで!